ペットは近年では「癒し」の存在として注目をされています。
医療現場などにおいても、ペットセラピーを実践しているというところも増えているようです。
そこで今回は、癒しとしてのペットについて考えていきたいと思います。

そばにいてくれるだけで安らぐ存在に

甘える姿が可愛い・そっとそばにいてくれる姿に癒される。
そのような声を多く耳にします。
実際に、これは人間の心にとって大きな癒しとなるのです。
人間には「視覚的な効果」から癒しを得ることができるともいわれています。
大切なペットのしぐさを見ることによって母性本能が目覚め、穏やかな気持ちになるのです。

触れ合いで癒される

お散歩はもちろんですが、自然と触れ合うという機会が生まれてくるペットと人の関係。
こうした直接的な「触れ合い」は大きな癒しともなるのです。
家族とも共通の話でリラックスして楽しむことがしやすくなりますし、中にはペットを通して心許せる友達ができたという方もいらっしゃるようです。

ペットとの関係性は大切にすることが基本

とはいえ、癒しの「材料」としてペットを飼うというスタンスはあまりよいものとはいえません。
どのような動物であっても命があり生きているものです。
ですから「飼い主」としての責任は持っておく必要があるといえるでしょう。

癒しは欲しいけれど飼いきれる自信がないという方に

もし、飼いきれる自信がないけれど癒しは欲しいという場合には「レンタルペット」などを数時間単位で利用してみるなどという方法から始めてみるのも良いかもしれません。
中には、散歩だけ・ドッグランで遊ぶだけといった手軽なものもあるのです。
お子さんがいらっしゃるご家庭などは「ペットを飼ってともに暮らせるかどうか」を判断する材料ともなるかと思います。

癒しの存在となるペットたち

今回はペットの持つ癒しの効果について見ていきました。
心が癒されるという事は健康的な生活にもつながります。
気持ちが通じ合える存在となるペットとの関係性を改めて考えてみてはいかがでしょうか。

こちらもおすすめ!