初めて家に猫がくると思うと飼い主さんのテンションは上がりっ放しですね。実際、猫はストレスだらけです。猫にとって新しい場所は慣れるまで落ち着きません。
ここでは初めて家で猫を飼うには、どうしたらいいのかをまとめましたので参考にしてください。

猫がきたらケージを空けて様子をみましょう

猫にとって初めての場所はストレスです。どんな場所なのか、どこに何があるのか分からずおびえています。猫にも性格があるので早く慣れる子もいれば、時間のかかる猫もいます。
ケージからなかなか出てこなかったり、出てきたかと思うと押し入れの隅っこで丸くなっていたりとさまざまです。
そんな時に急に猫をだっこしたり、背中を触ったりすると飼い主さんに嫌悪感をいだく猫もいます。
初めて猫がきた時は、ケージを空けそっとしておいてあげましょう。

早く家に慣れてもらうには?

ペットショップや知人から譲り受けた場合、今まで使っていたトイレの砂を少しだけもらうといいでしょう。
真新しい砂の上にもらってきた少量の砂をまくだけで猫は精神的にに落ち着きます。今まで使っていた臭いが少しばかり心を落ち着かせるので、トイレはケージの側におく方が猫は安心します。
砂を貰うと同時に布ももらっておいてください。猫にとっての新居は不安になりがちです。以前いた場所の臭いは心を落ち着かせることができますので、慣れるまではケージに入れてあげましょう。

始めのうちは見守ることが大事

ある程度、慣れてくると猫は家の中を探索します。ゆっくり、腰をかがめ、臭いを確かめながら、どんな間取りかを確認して回ります。
ここでの注意点は、飼い主さんが抱っこしてリビングに連れていったり寝室に連れていったりしないことです。
猫の自宅探索は慣れ始めてきている証拠です。無理に接触しようとするとケージの中に戻ったり、狭い場所に身を隠してしまいますので、探索を始めたら、そっとしておくようにしましょう。

焦らずゆっくりと信頼関係を作ろう!

初めて家に猫がきたらテンション上がりますよね。気持ちは十分に理解できます。猫に甘えてもらいたい、構ってもらいたいと思っても猫が不安がっていては無理です。
猫が自宅に慣れるまでは、少し待ってあげましょう。家にも慣れ、安全な場所と信頼のおける飼い主さんと猫が分かれば、おなかを見せて昼寝をしだしたりします。
おなかをさらけ出して寝るようになれば、安心していると考えてもいいでしょう。飼い猫との関係はゆっくり築き上げていきましょう。

こちらもおすすめ!